熟練の技術で高品質な木造住宅を創り上げます

古来より様々な施工方法が試され、その多くの下積みの元で生み出された『在来工法』。
この工法は日本の気候や風土に最も適した家造りであり、我が社はこの工法を使用しています。

コンクリートを基礎、その上の土台と柱を支えとして、梁を組み合わせたものを基本構造とします。
また、取り付け金物に筋交い、斜め材を併用することにより、強度の確保も行います。
こうして補強された基本構造に屋根や床を組んで家を完成させていきます。

利点としては主に3つあり、

また、難点はただ一つ、

『建築を行うためには高度な技術を要しなければならないこと』

しかし、安心してください。
我が社は一流の技術士と多くの施工経験があるため、高度な技術が必要だとしても高品質に建てることができます。

WORKS

施工実績を見る